インフルエンサー

サテライトシステム サポーターとの絆

海外のトップ・インフルエンサーは1投稿で約1億1千万円を稼ぎ出し(2020年版情報)ているなど、インフルエンサーはネットの花形と言えます。

ネットで広告活動で稼ぐ行為は違法行為ではありませんので、堂々と「広告(PR)」として広告で稼ぎましょう。

本サイトでは法に違反しない広告行動に対してバッシングを行う業務妨害や炎上させる違法行為の撲滅を推進し、インフルエンサーが安心して豊かになれる世界を目指します。

あなたのサポーターとその友人・知人が、あなたのために協力して広報に協力してくれる、その土台を確立すること・それが情報拡散の神髄!

「自分らしく活きて」豊かになる!
ネットビジネス健全化を推進します。

稼ぐことは素晴らしい!

インスタグラムで最も稼いでいるセレブのランキングが明らかに!1位にはあの人が

Hoppe HQが、2020年版の「インスタグラムで最も稼いでいるセレブランキング」を発表!意外な人物が1位を獲得し、話題を呼んでいる。

昨年版では、カイリー・ジェンナーが首位の座に就いた同ランキング。しかし2020年版で見事1位に輝いたのは、”ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンで、1投稿につき1,015,000ドル(約1億1千万円)を稼ぎ出しているのだという。ドウェインはこれまでに、VOSS Water、Apple、UNDER ARMOURなど、多くの大企業の広告塔を担当している。

とあるソーシャルメディア・エキスパートはその理由について、The Sunに対し、「ドウェインには、”謙虚でいい人”というイメージがあるから」と説明。また、「ドウェインは契約を結ぶ企業は慎重に選んでいる」とも明かし、「あくまでも”国民の味方”という姿勢が、これまた企業からしても好印象」なのだと語った。

2020年7月20日

自由なインフルエンサーの世界へ

海外のトップ・インフルエンサーは1投稿で約1億1千万円を稼ぎ出し(2020年版情報)ているなど、インフルエンサーはネットの花形と言えます。日本ではネットで広告活動をすることが、あたかも犯罪行為の様にバッシングを受けますが、ネットで広告活動を行うことは違法行為ではありません。

むしろ、これらのバッシングを行う行為の方が違法行為であり、そういう違法行為は厳しく罰を受けるべきです。

日本も海外と同じように、だれにも邪魔されないで堂々とネットでの広告活動が出来て海外のインフルエンサーと同じように「自分らしく活きて輝く」、そんな世界になるべきです。

経済弱者が豊かになる可能性を!

ネットで広告活動で稼ぐ行為は違法行為ではありませんので、堂々と「広告(PR)」として広告で稼ぎましょう。

本サイトでは法に違反しない広告行動に対してバッシングを行う業務妨害や炎上させる違法行為の撲滅を推進し、インフルエンサーが安心して豊かになれる世界を目指します。

「自分らしく活きて」豊かになる!
ネットビジネス健全化を推進します。

ネットビジネス健全化の方針

1)ネットから詐欺商材を排除する。

 1. 詐欺商材または、それに類する商材を扱わないこと。

 2.詐欺商材または、それに類する詳細とは

  ・不実告知、まぎらわしい表現を含む商品

  ・ノウハウ商材については、再現性が乏しいか、または再現できないもの

  ・レビュー評価が著しく低い商品

  ・購入者の問い合わせやクレームに真摯に対応しない出品者

   ※特定商取引法に関する表記が乏しいか、またはない出品者

    または、直接対応する窓口がないか、または直接対応しない出品者

  ・消費生活センターにトラブルとしてクレームが入る商品

2)正当な根拠なく活動の内容およびインフルエンサーを批判したりバッシングする行為を排除する。

 1.批判やバッシングする行為について、正当なる根拠がない場合

   またはその理由を問われた場合、根拠を証明できない場合

   偽計業務妨害や名誉棄損など、刑事・民事の両面で然るべき責任を追及することがあります。

 2.その場合、被害者が受けた被害を償って頂くことがあります。

※このように正当な根拠なく活動の内容およびインフルエンサーを批判したりバッシングする行為を

排除することで、誰もが安心してネットビジネスに挑戦できる環境を目指します。

X
X